上京しました。

今月初め友人たちと新年会をすることになって上京した。 妹が仕事を休んでくれたので一日目は銀座へ出て彼女が見たいという映画を見た。 「恋妻家宮本」。私はタイトルも知らない映画だったがまあ面白かった。 妹はちょうどその原作を読んでいて映画も見たいとなったようだ。 朝神戸の家を出たときは夜に銀座で映画を見ることになるとは思ってもいなか…
コメント:2

続きを読むread more

一年ぶり

なんと一年ぶりの更新になってしまった。 一年前と違ったことと言えば、次女がめでたく結婚して家を出たことだ。 今は老夫婦と老犬一匹で毎日を送っている。 私たち夫婦はこの一年で大した変化はないが、老犬のオビワンはこの一月で15歳になりめっきり老けた。 足腰の衰え著しいが、食欲は旺盛で元気なのはうれしい限りだ。 ただ何かと介護が…
コメント:0

続きを読むread more

京都水族館

一月末にあったデジカメの撮影実習は京都水族館で行われました。 寒い季節、屋内での撮影実習は助かります。 この水族館へ来たのは二度目。 平日なのに小さなお子さんを連れた親子がたくさん来ていました。 大きな水槽の前に立つと日常を忘れます。 前回来たとき、なんと広い水族館だろうと思ったのは、展示の仕方に工夫されているから…
コメント:0

続きを読むread more

達磨夕日

10日の日曜日は3連休の二日目で朝からとても良いお天気でした。 垂水漁港から明石海峡大橋くらいまで歩きながら写真を撮りに行きました。 漁港で船を撮影し、隣のアウトレットへもよりました。 ちょっとほしいものをチェックしてさらに西へ行こうと思いましたがここでお昼を食べておいたほうがよさそうです。 連休ですから混み合っていますがホット…
コメント:0

続きを読むread more

14歳

オビワンが14歳になりました。 人間でいえば100歳くらいだそうです。 後ろ足がおぼつかなく散歩もとぼとぼと歩きます。 先日は後ろ足を滑らして溝に落ちて、連れていた娘も彼自身も動揺したらしいです。 あたふたしたオビワンを抱きしめて「大丈夫!大丈夫!誰にも言わへんからな」と娘はなだめたとのこと。 その晩には私たちの知るところとな…
コメント:2

続きを読むread more

西國七福神巡礼ウォーク

新年あけましておめでとうございます。 のんびりしたような忙しかったようなお正月も過ぎていきました。 普段の生活に戻るのはなんだかうれしい今日この頃。 昨日は珍しく夫に誘われて「阪急沿線西国七福神福めぐり巡礼ウォーク」なる催しに参加しました。 宝塚駅に9時ごろ降りて受付をします。 300円を払って大福帳なる御朱印帳を…
コメント:2

続きを読むread more

ヨドコウ迎賓館

東京から友人夫妻が関西に遊びに来ました。 淡路島のホテルで2泊、神戸で一泊というスケジュールで、神戸に来た日に北野でランチをご一緒しました。 その後阪神間らしいところを歩きたいという奥さんの希望に沿って案内したのがヨドコウ迎賓館です。 ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)はフランク・ロイド・ライトによって設計され、灘の酒造家山邑太左衛門…
コメント:0

続きを読むread more

お彼岸のお墓まいり

お墓まいりへ行ってきた。 今回は長女といっしょだ。 10時に阪急梅田駅で待ち合わせて京都線で河原町へ向かう。 まずは、錦通りの「有次」へ行って長女の包丁2本を研ぎにだす。 混んでいて一か月ほどかかるとのこと。出来上がったら自宅に送ってもらうことにした。 お昼にはちょっと早かったため先に私の実家のお墓参りを済ますことにして東…
コメント:0

続きを読むread more

「新・珠玉のことば」

今日は18日なので友人とウォーキングの帰りみちに駅前の本屋へ立ち寄った。 「ラジオ深夜便 新・珠玉のことば」の発売日なのだ。 ラジオが教えてくれた名言100、と小さく書いてある。 小さい可愛らしい本だ。 毎月読んでいる「ラジオ深夜便」の増刊号だ。 夕飯後ついテレビを見ながら寝入ってしまい気がついたら11時過ぎだった。 「…
コメント:0

続きを読むread more

六波羅蜜寺へ

京都駅を後にして六波羅蜜寺をめざして東北に歩きはじめた。 もうお昼はとうに過ぎているのだけれど途中に絶対いいカフェがあると信じていた。 しばらく歩くと小さな雰囲気のある川に出た。 幅はそう広くない。流れはそこそこあるが深くなく水はきれいだ。 緑がうっそうとしていて下町らしい民家の人たちが川岸を思い思いに手をかけ楽しんでいる様子が…
コメント:0

続きを読むread more

京都駅

昨日は朝目覚めると青空が広がっていて、これはぜひともどこかへ写真を撮りにいかねばという気になった。 京都かなあ? いろいろ迷った挙句、以前から行きたかった河井寛次郎美術館と決め家を出た。 ところが、あれ~?と車中で調べてみると危惧した通り休館日であった。 ではやはり長年憧れているあの方に会いに行こう、とすぐに決まった。 行先は…
コメント:0

続きを読むread more

「職業としての小説家」と「くらしのきほん」

今日は日曜日。 比較的のんびりすごした。 午前中、久しぶりに「心たび」を一時間半みた。 再放送なのに見入ってしまった。 夕方早めに娘を誘って図書館まで散歩に出かけた。 彼女は私と違って腰が重いのでいつもダメもとで誘うのだが、今日は以外にも付き合ってくれた。 情報交換しながらの散歩は楽しい。 本屋に寄ったら、村上春樹のエ…
コメント:0

続きを読むread more

ハーブ園へ散歩。

いい季節になった。 午後からカメラを持って布引のハーブ園へ出かけた。 この季節何が咲いているのかわからないが、年パスを持っているし我が家から交通も便利なので行きやすい。 ロープウェイもそう混んでいなかった。 お隣の国の観光客も一段落したのだろうか?週末だからかしら? しかも秋咲きの花にはまだ早いのか花は少ないように思えた。 …
コメント:0

続きを読むread more

ご近所ウォーキング

九月になって暑さも和らいだので午後から友人とウォーキングに出かけた。 夏の間休んでいたので久しぶりだ。 海まで川岸を下っていき少し東へ行ってまたひたすら登ってくるコースにした。。 登りきったところに私たちお気に入りのケーキ屋さんが営むカフェがある。 家の近くで、ここまで1時間20分のウォーキングだ。 一人だと長い距離でも友人と…
コメント:0

続きを読むread more

ショウジョウトキ

きょうはデジカメ教室だった。 先月末の撮影実習で写した写真の中から5枚を選んで持っていき先生に講評していただく。 比較的マイナス要素が少ないのがこの一枚だった。 撮影する前にまずイメージを作ってからシャッターを切るのが大切とのこと。 ファインダーを覗いてからむやみにカメラを操作して写していた身だったのでその辺を少し意識してみ…
コメント:0

続きを読むread more

「ヴィンセントが教えてくれたこと」

台風の影響で朝から雨模様だったがこのあたりは影響が少ない。 予定通り早めのお昼を食べて映画館へ向かった。 先月末、夫と「ジュラシックワールド」を観に行ったのでひと月の間に二回目の映画鑑賞だ。 恐竜好きにはたまらない作品だった。 さて、一人で映画に出かけるのは久しぶりである。 お目当てはアメリカ映画「ヴィンセントが教えてくれ…
コメント:0

続きを読むread more

心機一転

夫婦でJRのジパング俱楽部の会員になった。 そのために二人で大阪駅へ出かけて行った。 夫の指示に従って顔写真と免許書のコピ―を用意したのでそう時間がかからずに会員証を発行してもらうことができた。 これを使うことになるのはこの秋に予定している九州旅行の時になるだろう。 まだ詳しい予定は決まっていない。 用事はそ…
コメント:0

続きを読むread more

宵山、雨のち曇り

祇園祭の後祭の宵山に行ってきた。 しかしこの日は朝からかなりの雨。 京都についても雨は降っていた。 どうなることかと案じながらも烏丸の交差点を西にいく。 通りのあちこちに山やら鉾が飾られているらしい。 しかし雨はまだ止まない。 カメラが濡れるのを気にしながら鉾に向かってアングルを探るも決まらない。 何ともテンションの低いこ…

続きを読むread more

紫陽花

神戸市立森林植物園の紫陽花は見ごたえがあります。 毎年この季節のお楽しみの一つです。 まだ独りで入ったことはないのだけれど、六甲山にある広大な敷地ですから超初心者でも山歩き気分が一人でも楽しめるはずです。 登山道の近所に住んでいるので登山客の方と多くすれ違いますが女性の独り歩きもときどき見かけます。 同姓として憧れはしますが私は…

続きを読むread more

道頓堀川

五月の撮影会は大阪のみなみ。 法善寺横丁やら道頓堀、アメ村やらでスナップ撮影をしました。 写真に撮るのは難しいところでしたが興味深い街でした。 もっとじっくり歩いたり街の空気になじんだらもう少しいい写真が撮れるでしょうか。 しかし一人ではなかなかぶらぶらできないような気おくれを感じてしまいます。 慣れでしょうかね。 でも楽し…

続きを読むread more